当病院の特徴

FEATURE

いとう整形外科内観

メインテキスト

アットホームな雰囲気と丁寧な診療。
「痛み」に寄り添う、かかりつけ医を目指して。

病院にいらっしゃるときは体の不調があるときです。
皆様の不調に寄り添えるよう、スタッフ全員で温かく親しみやすい雰囲気で診療を行います。擦り傷、切り傷、捻挫などのケガから他院で手術を勧められたような重い病気まで、まずは体の不調を気軽に相談できる医院を目指しています。

丸い飾り

リハビリ

Rehabilitation

広いリハビリ室を準備しています。物理療法の機械も揃っていますが、当院では本人と理学療法士が協力し、機械ではなく「人」で治すことを目標にしています。痛む場所は同じでも一人一人原因となっている習慣動作は違います。それぞれにあったリハビリを行い、原因となる習慣を変えることで症状を改善します。ケガや手術からの復帰のためのリハビリはもちろん、原因がはっきりしない腰痛、膝痛、肩痛、頚部痛などから、投球障害、腰椎分離症、捻挫などのスポーツ障害までプロ野球やプロサッカー選手の治療を多数経験している理学療法士による、専門のリハビリを行います。

リハビリ

  • 院内
  • 機材
怪我の原因

予防医療

Preventive Medicine

日々の運動量低下は、肥満や筋力低下によるケガのリスクを高めるだけでなく、骨粗しょう症、高血圧、糖尿病といった生活習慣病を招きます。
日々の生活から適切な運動を取り入れることで、ケガや骨折だけでなく、生活習慣病のリスクも減らし、健康寿命を延ばすことができます。当院ではこれらの生活習慣を改善するために積極的に取り組んでいきます。

高次病院との連携

Cooperation

入院や手術が必要な方には速やかに大学病院、熊本赤十字病院、熊本市民病院、鶴田病院などの連携病院にご紹介いたします。

専門家の治療

Specialized Medical Care

膝、足の専門家として県内最後の砦である大学病院で診療を行ってきました。半月板、変形性膝関節症、前十字靭帯損傷など膝、足に関してはリハビリから手術まで適切なタイミングで治療を行います。必要時には提携病院にて出張手術を行います。その他の部位のケガや疾患に関しても、幅広く大学病院で各専門グループと診療を経験しています。手術や専門的な治療が必要な方には速やかに信頼できる専門医をご紹介いたします。

  • 院内
  • 院内

スポーツドクター

Sports Doctor

これまでラグビー、サッカー、バスケット、野球、ハンドボールなど様々なスポーツの試合や合宿などの現場への帯同や、ケガをされてからの外来、手術を経験してきました。腰椎分離症や、野球肩、野球肘などの投球障害、ランニング時の膝痛、足の捻挫、肉離れ、膝靭帯損傷などスポーツ活動に伴う痛みや怪我の診療経験が豊富です。
痛みが出ているので安静にしましょうではなく、やっていい運動とダメな運動の指導を行います。また目的とする大会への復帰を目指した個別のスケジュールを作成し、理学療法士とともに専門的なリハビリを行います。

スポーツドクター

・サッカーU-14女子日本代表合宿帯同
・ラグビーワールドカップ2019 熊本
・女子ハンドボール世界選手権2019
・熊本県サッカー協会医学委員
・熊本県ラグビー協会メディカル委員

超音波を用いた診療

Ultrasound Practice

筋肉や靭帯、神経などレントゲンではわからない部位も、超音波を用いることで異常がはっきりわかります。超音波で実際にみながら原因となっている部位への注射や、筋膜のハイドロリリース、神経ブロックなどを行います。肩拘縮に対しては超音波を用いた神経ブロックを行う、サイレントマニュピレーションを行っています。

日帰り手術

Surgical Operation

手のしびれや、ケガなど日帰りで行っています。日帰りで行うことで、時間とコストが節約できます。膝の人工関節や骨切り術など専門的で入院が必要な手術に関しては、提携病院にて出張手術を行います。そのほかの部位の専門的な手術に関しては、速やかに信頼できる専門医にご紹介いたします。